MOCミタカ, 磁気式ロータリーエンコーダー
ホーム 業務概要 Admotec Kübler Astec (タイホープロダクト) サイト案内 お問合せ English
Digital 高精度 KXS Digital 広ギャップ KXL Analog 高精度 KAS Analog 広ギャップ KAL 特大 高性能 キット: 特大パルサー例
 Admotec 磁気式 ローターリー エンコーダー キット (非接触)

  特別仕様、特注品 広ギャップ KXLシリーズ (ディジタル信号)


 磁気式ロータリーエンコーダー キットの OEM。  量産の計画がある場合 1セットからの 試作品も お引受します。
 ベアリングレスの 非接触です。
特注エンコーダー,
使用環境温度: -40℃ 〜 +110℃


センサー/パルサー間ギャップ: KXL=1.5mm
         
ディジタル信号 矩形波信号 出力
AB信号: 90°位相差信号
      回転方向・回転速度 信号

AB信号
標準パルサー KXL1241, KXL1229
特注パルサー KXL22xx, Type-I, Type-II

最高 分解能:    20,000cpr (ppr)
最高 許容回転数: 100,000rpm
最高 応答周波数:  500kHz
角度誤差:     10 arc minutes max.
ヒステリシス:      1 エッジ以下

電源電圧:     5.0±0.25Vdc
電源電流:     20mA Typical
MR (磁気抵抗) センサー モジュール (回路付きセンサー) + 磁気パルサー (ローター)

KXシリーズ には KXL センサンー/パルサー間 広ギャップ型、 KXS 高精度信号型 があります。

標準パルサー φ40.5mm, φ29.0mm 特注エンコーダー,
特注エンコーダー,
特注パルサー φ8.0mm〜φ250.0mm 特注エンコーダー,
特注エンコーダー,
特注エンコーダー,
MOCミタカ
 基本設計 相談 承ります。
  使用環境、信号分解能など 希望条件を 全部 お聞きした上で 実現可能な仕様を 回答いたします。
  日本では まだ製造されていない新製品も 検討範囲に入れ、量産化は 日本で行います。


お問合せ メール


新しい サーボモーター、ロボット、工作機械 などの開発を ご計画の技術の皆様、エンコーダーの
特別仕様での試作品について 1セットからでも 短納期で対応致します。

1) エンコーダーの取付け位置に 合わせます。
  モーターケース内で モーター軸上に キットを取付けた 内蔵も可能で コスト低減にも 使えます。

2) エンコ−ダー用スペースに 合わせます。

3) 信号出力の選択、インクリメンタル(Z相 有り、無し)、デジタル、アナログ など。

4) 分解能の選択、低分解能から 高分解能まで。  ローター外径拡大による高分解能化、信号逓倍による高分解能化。
  大径ローター、信号逓倍にすれば 超高分解能も可能。 (超大型モーターの低速回転制御用など)

5) 量産品のコストダウンに付いては お客様の要望に合わせて対応致します。

6) 量産化した場合 日本の 磁気式ロータリーエンコーダー メーカーとの提携により アフターサービスも可能です。
下記の情報を 頂ければ 即 基本設計が 可能です。

@ エンコーダーを 取付けるスペースの寸法: 縦 x 横 x 軸方向、W x H x T mm

A エンコーダーを 取付ける回転軸の直径φmm 及び 上記スペース内での位置

B 電源/出力 の電圧  通常 5 〜 24 VDC

C 信号出力の種類、デジタル/アナログ、ラインドライバー/オープンコレクター/その他 の選択

D AB信号の分解能 PPR。       (回転軸 1回転に付き 何パルスの信号が必要か ? )
  (AB信号は 回転速度と 回転方向を 測定、インクリメンタル信号です。)

E Z信号の要否、        (Z信号は 回転数= RPM= 1分間の回転数を 測定)

F エンコーダーの取付けられる場所の環境、
(振動・衝撃、高温・高湿、埃・紙粉・粉類、繊維、水・塩水、油・油ミスト、インク・化学薬品 など。
磁場が有っても大抵の場合問題有りません。 問題あればシールドで解決。)

G モーター軸 あるいは 機械の回転軸などの エンコーダー取付部周辺の 簡単な寸法入りスケッチを 頂けると より適切な
    設計が可能です。

COPYRIGHTS 2009 MOC Mitaka,磁気式ロータリーエンコーダー
inserted by FC2 system