MOCミタカ, 磁気式ロータリーエンコーダー
ホーム 業務概要 Admotec Kübler Astec (タイホープロダクト) サイト案内 お問合せ English
Astec 磁気式ロータリーエンコーダー JR シリーズ 型式表 JR シリーズ カタログ
Astec 磁気式ロータリーエンコーダー  このページは (株)タイホープロダクトの 応援サイトです。

        2048pprまで磁極を正確に着磁、信号逓倍なしの直接出力, 磁気式では 世界トップクラスの 信号精度。

   旧 Astec JR55 シリーズ は JR105 シリーズ に更新 され 分解能を増しました。 Astec へ戻る

  (1) JR205: 標準型 AB+Z 信号
    分解能 300, 360, 500, (600), 1000, (1200), 1024, 2000 & 2048 ppr.
   1990年以前に作られた 古い JR205 は Rotary Jiki Scale, Sokki Electronics の 表示が付いています。
   (2) JR305:  JR205と同形の高湿対応型。
  (3) JR105:  JR205と同形で AB 信号のみ 出力。 Z信号 不要用途用 の低コスト型。



  取付用 金具
A: 標準型 ネジ穴中心径φ60mmB: Aの 折曲型
C: 米国向け 3 フック ネジ穴中心径φ46mm    D: 米国向け 2 フック ネジ穴中心径φ46mm
Astec 磁気式ロータリーエンコーダー, JR シリーズ, 日本製 高精度信号, old Sumtak compatible
日本製 磁気式ロータリーエンコーダー Astec JRシリーズ は光学式なみの信号精度が評価され日本、米国、ドイツ その他 世界中で プラズマ金属加工機、金属打抜機、電気回路基板切断機、紡織機、編機 など 種々の厳しい用途に使われて います。

Astec JR55 D0500SDN, JR105 D0500SDN, Burny Kaliburn
         米国向け JR105D 0500 SDN


上の写真のJR105は米国大手のプラズマ金属加工機に使われているJR105シリーズです。

JRシリーズの基本型は JR205で その姉妹機種として JR105, JR215, JR215S, JR305があります。
外見形状は皆同じです。下にある 形状・寸法をご覧願います。
JR205 形状・寸法図 Astec JR55 D0500SDN, JR105 D0500SDN * Mail to MOC Mitaka

  JR105, JR205, JR215, JR215S, JR305 同型・同寸法 Sumtak, Heidennhain compatible
より詳しい仕様は カタログを ご覧願います。
トップへ   Astec へ戻る
COPYRIGHTS 2009 MOC Mitaka,磁気式ロータリーエンコーダー
inserted by FC2 system